口内炎の原因は?治し方を知って早期治療

口内炎にイソジンうがい薬を塗るとどうなるの?

 

口内炎の治療といえば自然治癒に任せて1週間程度で完治します。ですが、口内炎が酷いとご飯が食べられなかったりしますので、そういった際に早く治したいと思いますが、イソジンをつかった民間療法があるということをご存知でしょうか。

 

使用方法は直接患部に塗るという方法ですが、そもそもうがい薬なので患部に塗るという使い方はしません。しかし、殺菌するという意味で効果があると言われています。

 

ですが心配されるのはやっぱり塗ったときにしみるのではないかというものです。しかし、イソジンはしみにくいのでその心配は少ないでしょう。

 

効果があると言われていますが個人差はありますので、まずは試してみることをオススメします。しかし、その上で一つ注意点があります。それが、ヨウ素系消毒薬のアレルギーじゃないかということを確認するということです。

 

もしアレルギーがあればアナフラシキーショックを起こす可能性がありますので十分注意してください。

 

また、イソジン以外の治療方法についても紹介しますが、一つは市販薬での治療法です。口内炎の薬というものがあり、患部に貼るというタイプのものがあり、効果もあると言われています。

 

また、即効性を求めるのであればレーザー治療があります。これは保険適用外の治療なので多少費用がかかりますが、耐え切れない場合は考えてみるといいでしょう。

 

そもそも、ビタミン不足やストレスが原因といわれているので私生活の中で常に予防できるように考えておくといいでしょう。

 

口内炎の市販薬で人気のものはどれ?

 

口内炎になったことがあるという方は多いと思います。唇の裏や頬の裏、舌先といった口内の様々なところにできます。

 

場所によっては口内炎ができることによって食事が出来ないくらいの痛みが伴ってしまうこともありますので、予防をしたいと思いますし、口内炎が出来てもすぐに治したいと思うでしょう。

 

そもそも何が原因なのかということになりますが、はっきりと解明されておらず、免疫力の低下や雑菌の進入などと言われています。また、免疫力が低下するのはストレスや睡眠不足、栄養不足からといわれています。

 

口内炎が発症すると、数週間で完治しますが、あまりにも時間がかかるようなら医師に相談することをオススメします。口内炎は大きな病気の前兆として現れる事もありますので覚えておきましょう。

 

また、より早く治したいという際は市販薬やレーザー治療などをすることが出来ます。その中でも市販薬について紹介します。

 

まずビタミン不足によって口内炎が引き起こされることがありますので、ビタミンのサプリメントなどを摂取することでも効果があります。もちろん、口内炎をピンポイントで治すという薬もありますので、どちらを使用するかは自分で選びましょう。

 

効果は個人差がありますが、口コミなどを元にランキング形式で紹介しているウェブサイトもありますので、そういったものに目を通して参考にしてみてもいいでしょう。

 

利用している人が多く、口コミの反応もよければそれだけ効果があるものになりますので使って見る価値はあるでしょう。まず、最初は総合的に見て選ぶことをオススメします。

 

実はこんな種類がある口内炎

 

食べ物を食べたり、話したりする際に痛みが生じてしまったりする口内炎にストレスを感じてしまうという方も少なくはないでしょう。

 

医師によって診断内容は異なりますが、名前の通り一般的には頬の内側、下の縁、唇の裏側のような口内に出来た炎症のことを口内炎といいます。

 

この口内炎ですが実は種類があるということを知っていますでしょうか。数種類の口内炎があり、基本的に原因が異なりますが、どういったものがあるか紹介します。

 

まず、一般的に口内炎と言われているのがアフタ性口内炎というもので真ん中に白い生みのようなものがある口内炎で長くても2週間程で完治します。

 

次にカタル性口内炎ですが、口内粘膜に赤い炎症が起こる口内炎となります。炎症の境目がわかりにくいもので、原因は虫歯や歯槽膿漏、そしてビタミン不足でも出来ます。

 

ウイルス性口内炎という種類もあり、ヘルペスなどに感染すると出来てしまう口内炎です。また、カンジタ症などのカビが原因の口内炎もあります。

 

刺激物や薬物にアレルギー反応が起きてしまって出来る口内炎や煙草の吸いすぎでニコチンが原因の口内炎もあります。

 

このように種類が多く、形も多少違ったりしますが、とにかく何度も繰り返してしまったりする場合は、しっかりと原因を知って完治させるようにしましょう。

 

また放置していても完治しますが、原因によっては厄介なものもありますので、症状が酷ければ医師に相談することをオススメします。